Welcome!


Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Latest entries
Categories
Archives
Recent comments
Recent trackback
Links
Track back people
Blog people
BP 今日のおすすめ献立
Profile
Others

食い道楽の料理レシピ


目玉焼きも焼けない、だけど食べることは大好き!
そんな女がある日突然思い立って始めた自炊生活。
2008
09/02
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
スポンサードリンク | - | -
2006
11/25
梅ネギしめじピザ。
20061125_286599.JPG
☆梅ネギしめじピザ

<材料>
・ピザ生地(1枚)
・梅干し(1個)※果肉が柔らかい大きめのが良い
・長ネギの白い部分(15cm)※長さ5センチで細切り
・しめじ(適量)
・ピザ用チーズ(適量)
・オリーブオイル(大さじ1)
・塩コショウ(適量)

<作り方>
1.梅は種を取ってまな板の上でほぐすように包丁でたたく
2.ピザ生地を伸ばしてフォークで適当につついて穴を開け、
  オリーブオイルを薄く塗る
3.ネギ・梅・しめじを散らし、たっぷりチーズを乗せて
  塩コショウを軽くふり、200℃のオーブンで15〜20分焼いて
  できあがり。

いつも飲みに行く店にあるメニュー(梅ネギピザ)のパクリ。
しめじはあったから乗せただけで、梅とネギだけでも充分うまいです。
台はクリスピータイプの方が合うような気がします^^
20061027_271976.JPG

薄力粉も強力粉も足りなくて、仕方なーく片栗粉を使ったら
食感プリプリ、もっちもちのニョッキができました。笑

☆もっちもち南瓜ニョッキ。

<材料>
・カボチャペースト(100g)※作って冷凍しておいたもの
・強力粉(大さじ2くらい)※もっとあれば尚良い。笑
・薄力粉(1カップくらい)※上に同じ
・片栗粉(適当に・・・)※生地がベトつかない程度に足す
・たまご(1個)
・トマトソース(100g)※作って冷凍しておいたもの
・ミニソーセージ(適量)
・オリーブオイル(大さじ1)
・乾燥バジル(好きなだけ)

<作り方>
1.カボチャペースト・たまごを混ぜて耳たぶ程度の固さになるまで
  粉を足しながらよく捏ねてニョッキの生地を作る。
2.台(なければ乾いたまな板)に打ち粉(薄力粉)をして生地を乗せ、
  転がしながら横に長く伸ばしてから親指の先くらいの大きさに切り分ける。
3.塩(分量外)をきかせたたっぷりのお湯をわかし、
  フォークをうつぶせに置き、切った生地をキュッと軽く押し付けてから
  端から親指でくるくると巻いたものをどんどん入れていく。
4.3がお湯の中で浮かんできたら穴の開いたレードルなどですくい、
  氷水にとって一旦しめる。(鍋は火にかけたまま)
5.フライパンにオリーブオイルをひいてソーセージを炒め、
  トマトソースと乾燥バジルを入れて混ぜ、弱火にかけておく。
6.4のニョッキを鍋に戻して数分温めてからザルにあけ、
  水気をきって皿に盛り、5のソースをかけてできあがり。

買い置きしてると思った薄力粉が無かったのにはビックリしました。笑
ニョッキというよりカボチャ餅って感じかも知れませんが、
これはこれで食べ応えがあって良かったです^^;
以前作ったのとは形を変えてみました。
こっちのほうが出来上がりが可愛らしいかなーと♪

なんだかいつもより工程が多くて面倒くさそうに見えますが、
ガスが2つあれば平行してできるし作業自体はとっても簡単です。
カボチャは茹でて皮を取り、ペースト状につぶして冷凍しておいたもの。
トマトソースは常時つくり置きして冷凍してあるもの。
朝のうちに冷蔵庫に移しておけば、夕食の支度までにはちょうど良く
なっています。レンジがなくても全然平気♪
冷蔵庫をあさってて、今日の夜はナポリタンだなぁと。
なんとなーく作ってみたら、「まさにこれぞナポリタン!」という
自分の中でのナポリタン度100%のナポリタンが出来ました。
もはや完成形と言って良いかも知れません。(いいのか?笑)
20061023_270175.JPG

☆100点(※現時点で)ナポリタン。
<材料>
・ロングパスタ(100g)
・トマトソース(大さじ1)※作り置きのもの
・ケチャップ(適量)
・バター(1かけら)
・白ワイン(適量)
・玉ねぎ(1/4個)薄切り
・キャベツ(2枚)ざく切り
・ピーマン(2個)5mm幅くらいに切る
・ソーセージ(2本)適当な幅に斜め切り
・唐辛子(1本)半分に折って種をよけておく
・タバスコ(少々)
・たまご(1個)
・粉チーズ(適量)

<作り方>
1.パスタを塩ひとにぎりを入れたたっぷりのお湯で茹で始める。
2.半熟の目玉焼きを焼き、フライパンの表面をさっと拭いたら
  そのままバターを溶かし、玉ねぎ・ソーセージを炒める。
3.キャベツとピーマンも加え、ややしんなりするまで炒めたら
  白ワインをひたひたまでそそぎ、火を弱めて少し煮込む。
4.途中で唐辛子とトマトソースも加え、全体にくたくたになったら
  味見をしてみる。塩味がちょっと足りないかな?というくらいでOK。
5.パスタが茹で上がったら3のフライパンにケチャップを入れ、
  中火にしてしっかりと炒め合わせて皿に盛る。
6.目玉焼きを乗せて、たっぷりと粉チーズをかけて出来上がり。

一口食べた瞬間、うぉー!まさにこれぞナポリタンだー!! と。
キャベツとか目玉焼きとか「???」ですがそこは突っ込まないで下さい。
それらがあってこその評価です。笑
作り置きトマトソースはトマト缶、にんにく、オリーブオイル、ローリエ
だけのシンプルバージョンのものがあったので、それで。

あと、基本的にパスタは芯がしっかり残ってないと・・・と思う私ですが、
これに関しては特別、表示の時間通りにしっかり茹でたほうが◎です^^
寒くなってきて、ベランダバジルもそろそろ限界です。


☆ペンネとジャガイモのジェノベーゼ

<材料>
・バジルペースト(大さじ1強)※作り方は下参照
・ペンネ(80g)
・じゃがいも(中1個)小さめの一口大に切る
・オリーブオイル(大さじ1)
・にんにく(1カケ)

<作り方>
1.塩(分量外)をきかせたたっぷりのお湯でペンネを茹でる。
  じゃがいももザルに入れて一緒に茹で、竹串がスッと通る
  くらいで先にあげておく。
2.フライパンにオリーブオイルとつぶしたニンニク、
  バジルペーストを入れて弱めの中火にかけ、
  パスタの茹で汁を足してのばす。
3.茹でたじゃがいもとペンネを入れ、よくあえて出来上がり。

バターを入れるともっとコクが出るかも知れません。
バジルソースは作りおきしておくと良いのですが、
すり鉢スリスリ派(単にブレンダーを持ってないだけ^^;)
の私としては一人分ずつ作るほうが短時間で食べれるし、
腕も痛くならず楽だということに気付きました。
前回は数日後に腕が筋肉痛になってて切なかった・・・笑
来年はもっと頻繁に登場しそうです^^

☆バジルペースト(一食分)
<材料>
・バジルの葉(両手に軽くひと盛り)水洗いしてよく水をきる
・松の実(5粒)
・オリーブオイル(松の実と同量くらい)
・塩(適量)

<作り方>
すり鉢に松の実とオリーブオイルを入れてすりつぶし、
バジルの葉を加えてペースト状になるまでひたすらスリスリ。
途中で味をみながら塩を加える。
ポテサラだけ作って燃え尽きてしまったこの日。
それだけじゃーあまりに寂しいので、ピザ生地で包んで焼いてみました^^;


☆ポテサラ包み焼きピザ

<材料>
・ポテトサラダ(適量)
・ピザ生地(約1枚分)※オーブンで焼く前のもの
・マヨネーズ(お好みで)
・オリーブオイル(少々)
・ピザ用とチーズ(好きなだけ)

<作り方>
1.Mサイズ程度に伸ばしたピザ生地にオリーブオイルを薄く塗り、
  片側にポテトサラダ、マヨネーズ、ピザ用チーズを乗せて
  半分に折って端が浮いて来ないようにフォークの先で抑える。
2.230℃に温めたオーブンで15分焼いて出来上がり。

これはいける!サラダがメインに昇格♪
ピザ生地は、伸ばす前の段階で冷凍保存しておいたものがあったので
それを使いました。
生地のレシピは検索するとけっこう出てくるので是非お試しください^^
売ってるものだともう火が入っていて固いので、ちょっと無理です。